2017
07.18

うつ病は様々なストレスが原因になり、その症状が出る病気です。

ストレスの種類としては精神的なもの、構造的、科学的なストレス、温度と湿度のストレスなどがありますが、ストレスチェックをする事でどの程度のストレスが蓄積しているかチェックする事が出来ます。

うつ病の状態になった場合、意欲や集中力、記憶力の低下など日常的なコンディションが著しく低下していき、人の話をきちんと聞き行動する事も出来なくなってきてしまいます。

楽しい事や興味関心なども薄くなっていきますので、うつ病症状による心身の変化は周囲にも変化を与えていきます。

また企業においても従業員50人以上の企業では年に一回のストレスチェックをする事が決められており実施されています。

関連記事はコチラ⇒ストレスチェック実施、義務化後も8割 厚労省調べ:日本経済新聞

うつ病の治療では薬物治療、精神療法の他にストレスから離れる休養も大切な要素となっています。

セロトニンやノルアドレナリンなどの働きを促進し、脳内神経伝達物質の促進などが可能な抗うつ剤の服薬の他、話しを聞いてもらい自己分析を行っていく事も大切な要素です。

注意点としてはうつ病の治療を行う場合、医師との相性も大切な要素の1つという事です。

精神に関わる薬はその人に大きく影響を与えますし、治療方針によって本人と合わないケースもあります。

自分に適性な医師の治療を受ける事は大切な事ですので、疑問を感じたらしっかり相談し、他の医師に治療を受ける道も考えてみましょう。

そうする事で自分に合った治療を見つける事が出来ます。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.